TRPG トーキョーNOVA リプレイ《難攻不落》っ!!!

《難攻不落》っ!!!はテーブルトーク ロールプレイング ゲーム トーキョーNOVAのリプレイをメインに取り扱ったサイトです。
TRPGはコミュニケーションのゲームです。相手を尊重し礼儀礼節に配慮して皆で楽しめる場所にしましょう。
チャット及び掲示板はオープンな場所です。羽目を外しすぎず、同席した人に不快な思いをさせないようにしましょう。
当ホームページはトーキョーN◎VA THE AXLERATIONを使用したオンラインTRPGのリプレイサイトです。
《難攻不落》っ!!!にてオンラインセッションへの参加をご希望される方は最初にRead me @ 1stをお読み下さい。

《難攻不落》っ!!! トーキョーNOVA the Detonation リプレイ“cogito, ergo sum”

エンディングフェイズ4th
メインキャスト:エルモ
シーンカード:カブト
舞台:アサクサ 喫茶店織葉庵
RL TIO(裏)
舞台と相手は どうしましょうか
エルモ(裏)
|っ0∀0)っ アルオメ相手に報告かなー。
|っ0∀0)っ 舞台は……まぁ、先日の喫茶店で?w
RL TIO(裏)
オウライ
RL TIO
―― ようこそ、いらっしゃいませ。
 
ドロイドの微笑みがエルモを出迎えた。
少し古風な、美人というより別嬪な造形の女性ドロイドだ。
明るい顔で笑う。
バイトの店員や常連客にも可愛がられているらしい。
店内の観葉植物の世話と、読書が趣味なのだとか、マスターが言っていた。
人間的だ。そう見える。
 
奥のブースで、例の少女がエルモを待っていた。
パイを1ホール頼んで、1/6食べたところで
途方に暮れている。
エルモ
「ごめん、ちょっと遅くなった」
RL TIO
アルオメ「ううん、イマキタトコロ」
アルオメ「……って言えばいいんだよね?」
エルモ
「……なんか違う」
それはもーちょっと年の近い相手に言ってあげたほうが良いじゃないかな。
とか思いながら、対面に座る。
アハト(裏)
(・皿・) こいつなんでデート気分なんだよw
旋鶴(裏)
|全●) 遊ばれておるのかただやってみたかっただけなのか……
エルモ
「とりあえず、報告……」
RL TIO
アルオメ「うん」
エルモ
ぺこぺこ、と依頼に関する資料を展開する。
私見を交えながら状況の説明をし、
「……で、えっと、キミにSOSを送ってきたのは、多分、このヒト」
とドリーの情報を見せる。
RL TIO
アルオメ「うん、ありがと。エルモたちがやってくれた通りのことで良かったと思う」
エルモ
「ん……」
「翔君は、自分の意思でハウンドに行ったよ。……多分、余り重い罪にはならないと思う」
RL TIO
アルオメ「うん、よかった」
エルモ
「ドリーにも、伝えてあげたいんだけどね。アクセスする方法、わかんないかなぁ」
RL TIO
アルオメ「あたしにも分かんない。多分、ああいう人はもっとずっと深いところにいて、何かの切欠でひょこっと端末が出てくるんだと思う」
アルオメ「カミサマと天使みたいに」
エルモ
「そっか」
じゃぁ、きっとこちらが気に掛けるまでもなく、もう識っているかも知れない。
そういうモノに見守られているのなら、翔少年も心配要らないかもしれない。
RL TIO
アルオメ「でも、ちょっと可哀想だね、二人目のドリーさん」
エルモ
「んに?」
RL TIO
アルオメ「自分では昔と同じ自分だって思ってたのに、そうじゃないって言われて。でも、そういうのも変なのかな。自分でカンソクできない人がどうなのかって、カンソクする方の解釈次第だものねえ」
アルオメ「スワンプマンみたいだね」
エルモ
「意外と、2人目だと思えて、本当はもうドリーさん本人が接触を始めてるかもしれないよ」
  ……散々警察やらなんやらに介入してのけたのだ。今更それがやってやれない筈は無い
「……けど、それも、
「多分本人と…… 翔君ぐらいにしかわかんないだろうね」
RL TIO
アルオメ「カンソクって、むつかしいね」
しかつめらしい顔して、うんうん頷く。
エルモ
「難しい事考えたらお腹減った……」
  ぐぅ。
RL TIO
アルオメ「あ、エルモも食べない?」
アルオメ「あたし、お腹いっぱいになっちゃって……」
エルモ
ぱたん、とテーブルの上に突っ伏す。   調査が終わって気が抜けた模様。
「…… おおおお…… たべるうぅ…… 3日ぶりのご飯……」
フォークを貰ってかぶりつく。
RL TIO
アルオメ「あ、そうだ、依頼料」
エルモ
「はむ?」
  もっちゃもっちゃ。
  リスかお前は。
RL TIO
アルオメ「探偵に頼み事をしたんだから依頼料しないとダメなんだよね?」
はい、とAR(拡張現実≒ホログラム)でチケット状のオブジェクトをよこす。
エルモ
「うみゃ?」 特に意識せずそれを受け取り
RL TIO
アルオメ「友達に貰ったの。“カブ”っていうのよ」
エルモ
「かぶー?」
 ……漬けたら美味しいんだよねー食べた事無いけど……
「はい?」
 受信したデータをポケットロンで展開する。
アハト(裏)
カブ・・・
旋鶴(裏)
それ…… もう紙切れになってるアレじゃ
エルモ(裏)
|っ-∀-)っ うははははっw
RL TIO
アルオメ「買うと五十万円するんですって」
テラウェアコーポレーション株券。
エルモ
「おおー…… お?」
ぺちぺちっ。
  ……それは株券、と言う奴じゃないの……
と思いつつ、記載された社名を見て突っ伏す。
「てらうぇあ?!」
「どっからこんなもん……っ?!」
RL TIO(裏)
そのオチも 考えないでもなかった
でも今回、経費すら出してなかったし!w
旋鶴(裏)
うひひw
RL TIO(裏)
|- ̄)b ちゃんと1ゴールド(=報酬点5点)になるから大丈夫
アハト(裏)
タカーイ!
RL TIO
アルオメ「えっと、喋っちゃダメって」
エルモ
「……わかった。えーと、じゃぁ、いただきます」 ぺこりん、と頭を下げる。
報酬はきちんと受け取るのもお仕事。……良く忘れるけど。
                     ああ、神様。今月もお家賃が払えそうです……
 
              Trrr… Trrr… Trrr…
ポケットロンに、メールの着信。
「うに?」
取り出して内容を確認。
「お♪」
アルオメの方に、文面を向ける。
「……翔君の裁判、始まったって。 検察も弁護も大分優しい判断ですすみそう、だってさ」
           ブックメーカーズ(賭博屋)の裁判速報だから信憑性は高い。
RL TIO
アルファオメガが無邪気に、「よかった」と笑い返す。
エルモ
「出て来たら、お祝いしてあげなきゃね」
こちらも無邪気に笑みを浮かべ
 
             ジュースのグラスで気の早い乾杯を交わす。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
cogito, ergo sum



――XYZ