TRPG トーキョーNOVA リプレイ《難攻不落》っ!!!

《難攻不落》っ!!!はテーブルトーク ロールプレイング ゲーム トーキョーNOVAのリプレイをメインに取り扱ったサイトです。
TRPGはコミュニケーションのゲームです。相手を尊重し礼儀礼節に配慮して皆で楽しめる場所にしましょう。
チャット及び掲示板はオープンな場所です。羽目を外しすぎず、同席した人に不快な思いをさせないようにしましょう。
当ホームページはトーキョーN◎VA THE AXLERATIONを使用したオンラインTRPGのリプレイサイトです。
《難攻不落》っ!!!にてオンラインセッションへの参加をご希望される方は最初にRead me @ 1stをお読み下さい。

《難攻不落》っ!!! トーキョーNOVA the Detonation リプレイ“cogito, ergo sum”

オープニングフェイズ0th
メインキャスト:アハト
シーンカード:マヤカシ
舞台:斑鳩
RL TIO
   ―― イワサキのARi-57でしょう?
  運動制御のリミッターが外れてるんじゃ、ヤバくて近づけませんよ!

  ―― 機動隊、そのまま包囲体制を維持 十分後に突入

    ―― ……

 ―― 訂正。ブラックハウンドが来る。機捜が対サイボーグチームを寄越すそうだ。

     ―― 機捜のロボット野郎か……
観客じょうや(裏)
・・・義体かウォーカーか・・
アハト(裏)
ゲェッ
エルモ(裏)
|っ0∀0)っ SSS、ハウンドが来ると分かって日和ったなw
アハト(裏)
超かっけぇ!
ヾ(゜ω゜)ノ゛ ヒャッホー
エルモ(裏)
|っ0∀0)っ 美味しいな畜生w
旋鶴(裏)
|全●) うひょひょw
RL TIO
ハウンドカラーのパトカーが、夜の繁華街に乗り付けた。
完全武装のフルフェイスが四人、それからメタリックカラーのスマートなシルエットが一つ。

「現場が狭いな。フロントは一人に絞った方が手っ取り早い」

フルフェイスの一人が、SSSからぶんどったリンクで現場を把握し、そう漏らす。

「目標はARi-57……少女型の愛玩用ドロイドだが、
 リミッターが外れてちゃあ戦闘用の義体と変わらん。稼働時間も損耗も無視して動くンじゃあな」
「暴走した理由はオペレーターが解析中だが、路地の隅っこでうずくまってる
 今のうちに片付けないと犠牲者が出ないとも限らん」
「突入してぶッ壊すぞ」
「フロントは、アハト、お前に頼む」
アハト
「勿論です。後ろはお願いします」
脳裏に広がるマップの中で同類と人間の数、位置を確認する。
RL TIO
「任せろ、万が一逃がしてもこっちで止める。無理はするなよ」
     「へ、巡査部長、無理ってそいつ、どうせ保険が効き」
      打音。
     「私語は慎みやがれ。全員、配置」
アハト(裏)
ド━(゜Д゜)━ ン !!! 巡査部長いい人
アハト
「ありがとうございます、巡査部長。“お題目”もお任せください。
 AIといえども人権あり、でしたね――了解」
口だけの顔で笑って、身体は動く。
RL TIO
現場は細い路地裏の奥。捕獲に向かったSSSが負傷して這々の体で引き上げている。
狭く見通しが悪い場所。サイバー犯罪で警察側に犠牲者が出るのは多く、こういう場面である。
アハト(裏)
ヾ(゜ω゜)ノ゛ええんか?ええんか?
RL TIO(裏)
おうさ AHのシーンだ あんたが主役だ
アハト
「ブラックハウンドが突入します。退避警報が発令ました」
命令と同時に解除される安全装置が外れていることを目視確認し、お手本のように構える。
ボリューム最大で警告――巡査部長曰く“お題目”――を開始する。
RL TIO
遠巻きにしていたSSSが一歩引き、更に遠巻きにしていたヤジ馬とトーキーがざわめき出す。
アハト
「貴方はドロイド憲章第一条に違反しております。AIとして人格を形成している場合、
 N◎VA司法は貴方を人間として扱う用意があります」
「これから“2秒”でご回答いただけない場合、ブラックハウンドは本案件を暴走事故とし、
 処理いたします」

カチ、カチ。
ついて回る問題――スラング――混じりの警告文を発すると同時、“2秒”は待たずに突入する。
視野調整を行い、暗がりへ、既に警告は済ませてある――問題は、ない。
RL TIO
光源の乏しいビルの狭間には、エアコンの室外機、雑多なダストボックス
――幾らかの障害物が散らばっており
突入の影響か、放り捨てられたSMGや粉砕されたダストボックスが足場を悪くしている。
壁に散った血痕の仄かな体温が、視界を淡いオレンジに灯した。

つきあたりの壁に――
ブロンドと蒼いエプロンドレスを、点々と赤黒く染めた少女の矮躯が
気怠げに座り込んでいる。
AHが接近すると、それはゆっくりと顔を上げた。
 ギ、ギ
    ギ、ギ
消耗した間接が耳障りに軋む。
アハト
銃口を向ける。警告済みゆえ、発砲許可もある。問題は、ない。
相手ドロイドの視線等を確認し、即決。
「本案件を暴走事故として処理します」
RL TIO
瞬間、少女は、人形は人体の間接を歪に無視して
四つんばいから大きく跳ね、AHめがけて突進してきた。
素早い。
だが、照準に囚われた後では
あまりにも遅い。
アハト
発声と同時に発砲する。機械の速度でも人型で音速が出せるわけでもない。
銃声が路地裏に響く。数秒の後、引き金を離す。
RL TIO
路面をはね回った矮躯が、ギリギリと軋んで
やがて動かなくなった。
アハト
『処理完了』
「残念です。良い終末を」
動かなくなった同類に近寄り、表情を整えてやる。
少しメモリがざわついた気がした。
RL TIO
かくて運命の扉は開かれた
RL TIO(裏)
要は あれです イノセンスのアバン
|- ̄) 実はこのシーンは本筋とはあまり関係がない
旋鶴(裏)
|全●) なんと
アハト(裏)
( ・皿・)
エルモ(裏)
|っ0∀0)っ テラ顔見せシーン
旋鶴(裏)
|全●) アハトマジ格好良いなシーンでしたか
アハト(裏)
( ・皿・) 僕の心はメモリにあるねん。