TRPG トーキョーNOVA リプレイ《難攻不落》っ!!!

《難攻不落》っ!!!はテーブルトーク ロールプレイング ゲーム トーキョーNOVAのリプレイをメインに取り扱ったサイトです。
TRPGはコミュニケーションのゲームです。相手を尊重し礼儀礼節に配慮して皆で楽しめる場所にしましょう。
チャット及び掲示板はオープンな場所です。羽目を外しすぎず、同席した人に不快な思いをさせないようにしましょう。
当ホームページはトーキョーN◎VA THE AXLERATIONを使用したオンラインTRPGのリプレイサイトです。
《難攻不落》っ!!!にてオンラインセッションへの参加をご希望される方は最初にRead me @ 1stをお読み下さい。

《難攻不落》っ!!! トーキョーNOVA the Detonation リプレイ“cogito, ergo sum”

リサーチフェイズ5th
メインキャスト:ALL
シーンカード:レッガー
舞台:アサクサ
RL TIO(裏)
|- ̄) AHがきちんと合流したアタリで
|- ̄) イベントが
旋鶴(裏)
|全●) 素敵に銃弾をぶちまけてくれたアハトさん合流
エルモ(裏)
|っ0∀0)っ なんだ、突然の捜査打ち切り命令フラグ臭いなw
RL TIO
硝煙の臭い。
がれきと建造物の相半ばに代わった安ホテル。
沈黙。
あの乱戦の中で律儀にポケットロンとカードを持ち出していた翔が、エルモの隣にへたりこんでいる。
エルモ
「ああう、死ぬかとおもったぁ……」
 ワリと真剣に。
「いきてるー? けがしてないー?」 翔に声を掛ける。
RL TIO
翔「な、なんとか……」
旋鶴
「おー、そりゃよかった。 派手にばら撒かれたから腕の一本ぐらい飛んだかと思ってたぜ」
ごきごきと首を鳴らし、銃弾をすり抜けた際にできた傷からの血を無造作に拭う
RL TIO
翔「……」
 本当にそうなっている実例が近くにいるものだから、実感がありすぎて青ざめている。
エルモ
「……お、おまわりさんだけじゃなかったんだね、僕らのほかに…… お客さん」
……冷静に考えたら、旋鶴がついてきた時点で想像して然るべきだったのだが。
旋鶴
「はっは。これで俺の仕事はわりとイイ感じになってるっぽいな!」
エルモ
「旋鶴さんのお仕事……」
 聞きたいけど知りたくないー
「とりあえず、場所変えない? ……って言っても、アハトさん次第、だけど」
アハト
「ええ、そうですね。お話したいこともございます」
敬礼し、そう口にする。
旋鶴
「へいへい。そんじゃまぁ、ヤサ変えるとすっか」
見真似の下手くそな敬礼を返し、軽く漁っていたチンピラを放り出す
エルモ
「はううう、やっぱりぃぃ……」
 目の幅の涙を滂沱と流す。
 だが、こうなってしまっては、従わないわけには行かないだろう。
エルモ
イエローエリアのアサクサで、あまりにも派手にやらかしすぎた。
アハト
「近く、増援を待てる場所でお願い致します」
RL TIO
――と、いって話がまとまりかけた瞬間だった。
甲高いローター音が高速で接近してくるのを
それぞれが察知する。
旋鶴
「……なぁんか、ヤな予感が」
ずかずか、と窓へ
エルモ
「チョッパー……?」
アハト
「お待ちを―」
発声は遅かった。
RL TIO
IANUSにロックオン警報。レーザー照準。
旋鶴
「うげっ!?」
RL TIO
倒れているレッガーの一人が、ひひひ、と肺から抜ける笑みを浮かべる。
レッガー「あーあ、俺らにやられておきゃ、脳は無事で済んだかも、しれねえのに、よ」
エルモ
「のええええっ?!」
RL TIO
DIVINE WORK《Nemesis》

エルモの叫びがかき消される。
ガトリングの銃声というのは、繋がった一つの轟音、巨大な獣の吠え声にしか聞こえない。その破壊は直線上のものをこそげ取る悪魔の手にしか思えない。
ホテルが端から完全な瓦礫に還元されていく。
が、
『AH、なんだか分からんが援護する!』
回線に一声たたき込まれるかどうかというところで
一帯にスモークグレネードが雨あられと降り注ぎ
皆の姿を完全に覆い隠すと同時に、機動隊員がヘリを狙撃
ヘリは装甲に任せて突撃をかけ、ハウンド、AHと激しい銃撃戦になり――
 
 
何がなんだか分からない乱戦の末
崩れ落ちた瓦礫の中で周囲の顔ぶれを確認した時には
翔の姿は、影も形もなくなっていた。
RL TIO
神業《天罰》
編集者注
神業《天罰 -Nemesis-》
 =ハイランダー(天上人・軌道人・特権階級の子女)の持つ神業。彼らは望む望まず・自覚の有無に関わらず、強大な権力の庇護を受けている。その権力でありとあらゆる無理・無茶を押し通す最強の神業。
対象を即死させる、あるいは即死する効果の神業から守る、望むアイテムや地位を手に入れる、シナリオのキーになる情報を手に入れる、など他の神業で望みうるあらゆる効果を1回分受けることが出来る。
今回のケースの場合、派手な戦闘描写はあくまで演出で、効果の肝は『ドサクサに紛れて翔少年がシーンから一人逃亡した』と言う部分である。

■ 舞台裏
アハト(裏)
( ・皿・)
エルモ(裏)
|っ0∀0)っ なんと言う 連続襲撃w
旋鶴(裏)
|全●) 失敗即破棄とか潔いというか
アハト(裏)
ヾ(゜ω゜)ノ゛ハウンドのなかまたち!
旋鶴(裏)
|全●) なんて頼りになるなかま
エルモ(裏)
|っ0∀0)っ ぶちょぉーっ!
|っ0∀0)っ なん
|っ0∀0)っ だとw
アハト(裏)
ヾ(゜ω゜)ノ゛てんばつ・・・
エルモ(裏)
|っ0∀0)っ なるほど、都合の良いタイミングでハウンドの増援が来たのも、謎の支援者の手助けか

|っ0∀0)そ 翔だけが逃げたぁっwww
RL TIO(裏)
というわけで 次のシーンです
アハト(裏)
ヒデェw
旋鶴(裏)
|全●) 一途というべきかそれとも