TRPG トーキョーNOVA リプレイ《難攻不落》っ!!!

《難攻不落》っ!!!はテーブルトーク ロールプレイング ゲーム トーキョーNOVAのリプレイをメインに取り扱ったサイトです。
TRPGはコミュニケーションのゲームです。相手を尊重し礼儀礼節に配慮して皆で楽しめる場所にしましょう。
チャット及び掲示板はオープンな場所です。羽目を外しすぎず、同席した人に不快な思いをさせないようにしましょう。
当ホームページはトーキョーN◎VA THE AXLERATIONを使用したオンラインTRPGのリプレイサイトです。
《難攻不落》っ!!!にてオンラインセッションへの参加をご希望される方は最初にRead me @ 1stをお読み下さい。

《難攻不落》っ!!! トーキョーNOVA the Detonation リプレイ“Hands held high”

エンディングフェイズ4th
メインキャスト:ロゼ
シーンカード:エグゼク(ターニング・ポイント)
舞台:ミトラスEDEN 郊外 ガーデン跡地(はじまりのばしょ)
RLドラネコ(裏)
では最後にロゼ 舞台はどうします?
ロゼ(裏)
復興のはじまったミトラスEΔENの…郊外某所でお願いします。 PL想定としては、ガーデン跡地です。 
ロゼ
…さく、さく、さく。
再開発区を抜け、瓦礫の集積されたもと公園を横目に。
再舗装されていない街路を、右に左にと歩む。
 
『作戦外の装備運用のかどにより』
 
減棒1ヶ月。…そして、当面の自宅待機を命じられた。
懲戒辞令に添えて、小さな紙片。
 
減った額より半桁大きい、ミトラス往復のシャトルチケット。 ハネを伸ばしてらっしゃい、と上司は言う。
アーコロジーはすべてを補完する。 書類上の自宅がいまだにここに残っていたことも、忘れるほど。
 
やがて、基礎を残して平らに均された、広場にたどりつく。
北西よりの一点に。 足を止めた。
 
「先生」
「…ただいま」
 
      ざあっ。
 
故郷を、吹く風。
暴れる髪の毛を押さえて―― 懐から小さな袋を、取り出した
 
「先生。 友だちが、増えました」
見えないだれかに、言葉を継ぐ。
「あっちは不慣れだけど、大丈夫。 先輩も、班長も、とっても良い人なんですよ」
袋をほどくと、小さな金属片。 
「…その」
そして、一輪の花。
「言えなくてごめんなさい… 先生」
ロゼ
ありがとう。 ありがとうございました。
そっと地面に添えて、祈る。
 
救ったのに理由はない。
だから、赦されるのにも理由はいらない。
 
     DIVINE WORK《Under Kover》
 
目を閉じる。
涙腺を備えない義眼を、でもきゅっと閉じて、高い高い空を仰ぐ。
 
手を伸ばす。
遠い青い空に、何かをつかむように。 懐かしむように。
 
成層圏の高みを駆け上がる、白い雲が、まっすぐに伸びていた。
ロゼ
     《完全偽装》
            効果:レスター・モズリーの《制裁》の打ち消し
RLドラネコ
「泣くな。涙の数だけ魂が濁る」
どこからか声が聞こえた気がした。
厳しく、
そして優しい声が。
 
 
 
 
シーンエンド