TRPG トーキョーNOVA リプレイ《難攻不落》っ!!!

《難攻不落》っ!!!はテーブルトーク ロールプレイング ゲーム トーキョーNOVAのリプレイをメインに取り扱ったサイトです。
TRPGはコミュニケーションのゲームです。相手を尊重し礼儀礼節に配慮して皆で楽しめる場所にしましょう。
チャット及び掲示板はオープンな場所です。羽目を外しすぎず、同席した人に不快な思いをさせないようにしましょう。
当ホームページはトーキョーN◎VA THE AXLERATIONを使用したオンラインTRPGのリプレイサイトです。
《難攻不落》っ!!!にてオンラインセッションへの参加をご希望される方は最初にRead me @ 1stをお読み下さい。

《難攻不落》っ!!! トーキョーNOVA the Detonation リプレイ“Hands held high”

オープニングフェイズ4th
メインキャスト:黒川悠
シーンカード:■■■
舞台:トーキョーN◎VA ホワイトエリア 千早アーコロジー 千早重工本社
RLドラネコ(裏)
はるかさん
悠(裏)
はいな
RLドラネコ(裏)
本社でいいですよね?
悠(裏)
いいですよ
普通の後方処理課3班です
RLドラネコ(裏)
護衛対象と顔合わせ
悠(裏)
あいさー
RLドラネコ
「話は聞いている。かけたまえ」

部屋の奥、大きな執務机の上で腕を組む男、【グリフィス・本庄】。
班長から、指定された護衛ミッションの対象だ。
他にも部屋の中には見知った顔。
後方処理課1班のクグツが3人。
中にはあなたもよく知る【ジョー・スプーナー】の姿もあった。
「はい」

スーツ姿の女、黒川悠は
グリフィスへと一礼すると、空いていた椅子へと腰掛けた。
RLドラネコ
「後方処理課のメンツに関わる。ということかな?」

本来、要人警護にあてられる事の無い3班の人員まで駆り出しての護衛体制だ。
もっともな疑問だろう。
先に暗殺された二人のエグゼクが共にミトラス開発事業団関連の人間であったことから、次のターゲットと目される人物。
それがこの男だ。
「私には答える権限がありません」

硬い表情を崩さずに

「もっとも、どう意図をお取りになろうと、与えられた任務をこなすのが、我々ですから」
RLドラネコ(裏)
くぐつっぽいぜ
悠(裏)
まぁ、実際社内派閥や面子もあるだろうから 失敗出来ねーんじゃないですかね、と思わなくはない
ロゼ(裏)
1課はどんな立ち回りなのかしらん。 協力的だといいな
RLドラネコ
「なるほど。人形と言うわけか」

他の3人を見回す。
同様に微動だにしない。

「まあいい。君達に命を預けているわけだ。任務を遂行してくれたまえ。よろしく頼む」

そういうと傍らの【ジョー・スプーナー】に歩み寄り

「彼女が警備責任者だ。以後のスケジュールは彼女と打ち合わせをしてくれたまえ」
ロゼ(裏)
スプーナーさん?
RLドラネコ(裏)
彼女というのはスプーナー
悠(裏)
OK
RLドラネコ(裏)
スプーナーが責任者です
彼女と打ち合わせよろしくってことね
「了解いたしました。 こちらこそ、よろしくお願い致しますね」

どう言われようが3班である自分が護衛に駆りだされたということは
それだけ、このミッションは失敗できない、というわけだ。
既知の間柄であるスプーナーが警備責任者であるのは
助かるというもの。
「では、早速ですが」
    任務に取りかからせていただきます。
RLドラネコ
と、部屋を出るグリフィス・本庄。
護衛が先立ってドアの向こうをクリアする。
最後に部屋を出る二人。
ジョーがひとこと悠に…
「気にしないで、ああいう男よ。割り切りましょ」
ウィンクして見せた。
 
 
 
 
シーンエンド
悠(裏)
ちなみにさっきのシーンでは、髪を下ろしてミラーシェードもしてませんでした
RLドラネコ(裏)
はるかさんクールビューティーモードか
黒沢(裏)
|っ_A_)っ クールビューティーモードがある、と言う事は、残念モードもあるんですね?!(ガタッ
悠(裏)
残念モードw
RLドラネコ(裏)
イイネ!
RLドラネコ
▼PS
全員:???
▼調査可能情報項目
ロゼリット:【千早アーコロジー狙撃事件】、
黒沢:【千早アーコロジー狙撃事件】、【殺されたエグゼク】
黒川:【千早アーコロジー狙撃事件】、【殺されたエグゼク】、【ジョー・スプーナー】、【グリフィス・本庄】
編集者注
PS
 = Purpose in this Scenario。RLからプレイヤーに提示される「そのアクトにおけるキャストの目的」である。今回はキーハンドアウトに記述されているため、シナリオ開始当初はRLとプレイヤー本人にしかその内容は分からない。