TRPG トーキョーNOVA リプレイ《難攻不落》っ!!!

《難攻不落》っ!!!はテーブルトーク ロールプレイング ゲーム トーキョーNOVAのリプレイをメインに取り扱ったサイトです。
TRPGはコミュニケーションのゲームです。相手を尊重し礼儀礼節に配慮して皆で楽しめる場所にしましょう。
チャット及び掲示板はオープンな場所です。羽目を外しすぎず、同席した人に不快な思いをさせないようにしましょう。
当ホームページはトーキョーN◎VA THE AXLERATIONを使用したオンラインTRPGのリプレイサイトです。
《難攻不落》っ!!!にてオンラインセッションへの参加をご希望される方は最初にRead me @ 1stをお読み下さい。

《難攻不落》っ!!! トーキョーNOVA the Detonation リプレイ“Hands held high”

リサーチフェイズ10th
メインキャスト:ロゼ&黒沢
シーンカード:ミストレス(不安)
舞台:ホワイトエリア 千早アーコロジー
RLドラネコ(裏)
さて どういうシーンがお望みでしょう?
順番的には 黒沢さんのシーンですな
合流するのかしら?
黒沢(裏)
|っ0∀0)っ ほむむ。むしろ僕は出過ぎてるような気がするので
|っ0∀0)っ お二人に主導して貰って僕が合わせた方が良いかなーと考えているのですがw
RLドラネコ(裏)
でははるかっかか ロゼのシーンにしますか?
悠(裏)
私は、スタンスを表明するために出に行きたいかな どっちのシーンでも
ロゼ(裏)
プレイヤー間は、こう 各PCの思惑のためにはというのが見えてますが、PC間はまだですよね。 ロゼリットについて言えば…
悠(裏)
ありていに言ってしまえば、はるかさんはまだロゼの事情を知らないので
社のためにこうしますよー というので、反応返してもらえると、かしら?
黒沢(裏)
|っ0∀0)っ キャラとしては、いい加減グリフィスから聴取せねばならんと考えているのでイワヤトに入る手続きを取ってるかもしれませんなぁw
RLドラネコ(裏)
あ、時間経過的に グリフィスはもう千早アーコロジーに戻ってるとしましょうか
黒沢(裏)
|っ0∀0)っ じゃあ、グリフィスにどうやって捕り憑くかを考えてるでしょうなぁ。w
ロゼ(裏)
ロゼリットの知っていることを、「実は」と伝えないといけないな、というのと
そうそう。 社命あるいはそれに相当するものがまだないかもと…おもってます、ロゼ。 査察部からは見解を求められたのと、ハウンドのお目付けしかない
RLドラネコ(裏)
まあぶっちゃけると
千早側 社長サイドですが
思惑的には ロゼは泳がせてますからね。んで黒沢につけてます
黒沢(裏)
|っ0∀0)っ 千早サイドの意思の擦り合わせを進めた方がいいのでは、と思いますの。
|っ0∀0)っ ロゼさんと悠たんの合流シーンって感じが良いかと
|っ0∀0)っ 黒沢は画面の隅っこで小さくなってます。可能な限り。(場所は取る
RLドラネコ(裏)
じゃあ二人のシーンにするね
悠(裏)
こちらから(ゴーストで)逢いに行きます
ロゼ(裏)
装備だってなんだって後方処理課の正規ルートではでてこなさそうだし。 グリフィスが「実際狙われる」と100%知っているのはロゼしかいないし ホウレンソウしたいしたい。
RLドラネコ(裏)
ほーれんそー!
舞台はどうします? 千早アーコロジーにする?
悠(裏)
そうしましょうか
RLドラネコ(裏)
おーけー
RLドラネコ
再開
ロゼ
大小ふたり、しばし無言だったようにおもわれる。
では行きますかねと、と促され、歩いた。
「さっきの電話」 しばししておおきな影に、ちいさい影が問う。 「…お相手、聞いても?」
黒沢
「……ええ」
「グリフィス本庄氏です」
「レスターとは、事実上の雇用関係にあった人物…… 事件を調査するにあたって聴取は避けて通れません」
ロゼ
はふ、と息をつき。
「避けて通れない、…のですね」
■登場判定
〈電脳〉+〈社会:企業〉
【生命】6+3+HQ=19

 
『私もその話、聞かせてもらっていいかな?』
断りを入れながらポップアップするのは、ホロウィンドウ
少なくとも、黒沢とグリフィスの話は聞いていたし
グリフィスの暗部について、黒沢に情報を流していたのだが
そんなことはおくびにも出さない。
ロゼ
「せんぱい!」
 背筋がちょっと伸びた。
「よかった」
 頼れるというのは、とても。
「私も、聞いていただきたいこと、あったんです」
『わかった、聞かせてもらえる?』
 ホロの中で、データグラスを直す仕草。
ロゼ
「はい。 そのまえに… ひとつだけ確認させてください」
続けて、と言うように頷く。
RLドラネコ(裏)
先輩たよられてるなー
悠(裏)
千早2枚というのも、良いかもしれませんな
RLドラネコ(裏)
バディっぽいキャスト構成は 僕の好みですよ
悠(裏)
行動的バディのロゼ・黒沢 精神的バディ(先輩後輩)のロゼ・はるか 良い構成ですね
ロゼ
「――グリフィス・本庄氏への接触について、」
 ええと。
「わが社はブラックハウンドに 『全面的に協力』 でよろしいのでしょうか」
ロゼ(裏)
遥さんが グリフィスの暗部についてうんぬんというのは知らないんですよね。 だからこれも確認。
悠(裏)
うむ 一応匿名ですからね
RLドラネコ(裏)
ただし、殺すなの条件付ね
黒沢(裏)
|っ0∀0)っ くろ「おっかないですなぁ」
悠(裏)
殺すなって話は ちゃんと出す予定ですよ
ロゼ(裏)
はい。 調査されるほどなら殺せ、だとロゼは情報を伏せきってグリフィスを殺させちゃう懸念もありますもんね
RLドラネコ(裏)
そそ
その言葉を紡ぐロゼを、ウェブ越しに見つめながら
『ええ、構いません。彼には――』
 いくつかのホロ・ウィンドウが展開し
『今回の狙撃事件だけでなく、いくつかの戦争犯罪に加担していた容疑があります』
『当社としては、査問委員会にかけるよう調整を行っているので』
ロゼ
「――安心しました。 『適切に対応』 でなくて」
 周囲に聞こえるように言うのは、ちょっと真似をした。
「では、報告します。  グリフィス・本庄氏に切迫した危険が迫っていると確信します」
『続けてください』
黒沢
            てくてくと歩いていた足音のリズムが一瞬停止。
            悠の言葉に我に返ったように再び歩き出す。
ロゼ
「亡霊が、生きています」
『亡霊というのは、レスター・モズリー氏ですか?』
彼ならいずれの狙撃も可能だったというレポートは上がってきていた。
 それをあげた、2班のメンバーは、「死んだ人間のことはいい」と2班の班長に怒鳴られていたが。
ロゼ
「ごめんなさい」
 この期において正確さを欠いている自分の言葉。
「そうです。 レスター・モズリーが、生きていて…」
「グリフィス・本庄を狙っています」
『なるほど――』
少しの間
テロリストという側面が強調されているが、ガーデンの教官だった時期もある。
ロゼリットと繋がりがあっても、おかしくは無い。
『信じましょう。 勿論、理由を述べたければ聞きますけど』
ロゼ
「――本件は、連絡ミスです」
「追って、しかるべく処罰をうけます。 …ですけれど、」
 
巨漢をちらりと見上げ、要点を述べた。
私情をのぞいて、簡潔に、N◎VAで彼女の見た事実関係のすべてを。
「いまならまだ―― 間に合うと…思います。 間に合います。 だから、」
「相談にのっていただきたいんです」
黒沢
            「……」
口は挟まないが、代わりにへの字に曲げて片目を閉じる。
見ていた物が鏡像だったと分かった瞬間である。
捜査の方針が180度変わる。だが同時にやるべき事も絞り込まれる。
グリフィスとレスターの繋がり
そして、白昼堂々、千早アーコロジーでの千早社員の狙撃
これ自体は、千早の汚点だ。
だが、その罪は、グリフィス一人(もしくは、彼の上にあたる美門派)に起因するものだ
査問委員会のネタに上乗せすることができるだろう。
『ええ、構いませんよ。 続けてください』
ロゼ(裏)
PLとしては前回のシーンで知ったのですが、ロゼは知っていたはずということになったので…
となると、隠していたので…  ひたすら対決を逡巡していた、ということになるのかな。
悠(裏)
実際逡巡するでしょうしね
特にターゲットがグリフィスなら、彼はロゼに取っても敵の立場でしょうから
RLドラネコ(裏)
そうそう、心情的には…ね
悠(裏)
それ以上の暴走は流石に止めないといけないけど、グリフィスを殺るまでは…ってね
ロゼ(裏)
このシナリオの前までは、グリフィスは敵ではなくてむしろ「園長先生」なので味方なんですよね。
しかも自分の情報を売られたことを知らない。
悠(裏)
ああ、裏の顔は知る前なのか
ロゼ(裏)
はい。 でも、レスターとの再会で全てを知ってしまったので、 …心情的には敵ですよねえ。 だから、社の意向もわからなくて困っていた
悠(裏)
そうそう、そういうことですね
RLドラネコ(裏)
で、あのミッションシーンはですね、時系列的にはOP直後なのです。だから難しいですけどロゼはこのシナリオの開始時からこの事実を知っていたのですね
悠(裏)
OP1がマーガレットが撃たれてるから、その後よね
RLドラネコ(裏)
そうそう。その直後です
ロゼ
「グリフィス・本庄氏の護衛計画へのアクセス権を頂きたいんです」
「…秘密裏に」
『何のためにか、確認しても?』
ロゼのことを信用していないわけではない。
が、事態を単純化すれば、グリフィスはミトラスを荒らした悪人で、レスターはその被害者の一人だ。
ロゼ
「今後、護衛対象には避けられぬイベントがあります。 だから、守り通さなくてはなりません」
とつとつと
「…けれど、対象の行動は、常に前例の上を。 踏み越えていきます」
「そのために、想定される万全の護衛計画に対して、対象ならどのように対処するかの、シミュレーションを」
「する必要があります。 …より精度高く」
それから、といって
「グリフィス・本庄氏が予想外の行動に出る可能性も、抑えないといけないんです」
「突発状況に陥ったら… もう防げません」
おねがいできませんか、と。 
黒沢(裏)
|っ0∀0)っ つまり、クライマックスは……カウンタースナイプ!
RLドラネコ(裏)
ですな
悠(裏)
いいですね
ロゼ(裏)
レスターには絶対かなわないと思うんですよねロゼ。
『わかりました』
独白の間に、答えを決めていたのか、即答する。
『彼は2日後に、この街を出国する予定です』
この言葉は、誰に向けたものか。
ミトラスに出られれば、ブラックハウンドの権限は著しく落ちる。
逮捕するなら――
『それまでの行動計画は、データにて転送しますよ』
『ミッションは2つ』
『彼を2日間守り通すこと――』
『そして、彼を査問委員会にかけるだけの状況を作ること』
『この2つは、一見矛盾するようですが、矛盾しません』
『なぜなら、死んでいたら、犯罪に手を染めた履歴はそのままうやむやになってしまうからです』
『期待、していますよ?』
勿論、レスターをよく知るロゼの読み、行動と――
      ――黒沢の、行動に、だ。
ロゼ
「はいっ」
答えは短くて迷わず。
RLドラネコ
 
 
 
 
シーンエンド

■ 舞台裏
RLドラネコ
なし
黒沢(裏)
|っ0∀0)っ 黒沢はポケロンに繋いだインカムに向かってぼそぼそと報告を。w
|っ0∀0)っ 珍しく邪魔にならない音量でw
悠(裏)
うひひw
ロゼ(裏)
めずらしい Σ
悠(裏)
これでモチベが統一されたはず! よね?
RLドラネコ(裏)
統一されたね
グリフィスを守る。いじめるためにw
悠(裏)
いぇす!
千早の思惑が無ければ、BH的には本来デッドオアアライブな気がするけど、こちらの意志は伝わったはず
ロゼ(裏)
悪人には見えないんですよ、って言ってくれた人もいるし。 がんばる。
黒沢(裏)
|っ0∀0)っ 黒沢はハト派ですよ。
|っ0∀0)っ 悪人は生かして捕えて裁きに掛けよう。可能な限り
|っ0∀0)っ と言う立場。(BBMax2丁を背中に隠しつつ
ロゼ(裏)
ハト(猛禽類)
RLドラネコ(裏)
たべられちゃう!w
悠(裏)
www
編集者注
BBマキシマム
 =黒沢の愛銃。大型化しすぎて最早拳銃には見えない対サイボーグ用大型拳銃。腕をサイバーウェアにしていなければ、射手が反動に耐えきれずに撃つ事が出来ないと言う代物。
黒沢はこれを両手に一丁ずつ構えてガン=カタします。
ロゼ(裏)
ロゼは殺人なんてしませんよ
ただの配達員です(30mmの)
RLドラネコ(裏)
配達されたら死んじゃうじゃないですかーやだー
悠(裏)
はるかさんは、必要があればかなー